amazonでの購入はこちら

トップ > 全粒粉クッキーバー[低糖質/グルテンフリ-] > 全粒粉パン[低糖質/高たんぱく] > ビゴーレソフト[低糖質/高たんぱく]

ビゴーレソフト[低糖質/高たんぱく]

全0件





ダイエット効果の高い糖質制限ダイエットは太るメカニズムを理解して実践しよう

摂取する糖質をコントロールするダイエットを糖質制限ダイエット(他の言い方では糖質ダイエットや低糖質ダイエット)と言います。糖質を制限するダイエットの効果が高い理由は人間の太るメカニズムや脂肪燃焼のメカニズムにあります。 脂肪を作らなければ太らないと考えてみましょう。

【糖質が脂肪になるメカニズム】
◇摂取した糖(ブドウ糖)はエネルギー源となり、使われなかった糖は(ブドウ糖)は脂肪となって蓄えられます。
◇日々の生活で燃焼させるエネルギーの順番は摂取したエネルギーが一番に優先され、それでも足りない場合は蓄積された脂肪をエネルギーとして燃焼させます。(相当量の運動などで相当量のエネルギー消費をしない限り、蓄えられた脂肪がエネルギー源として必要とされることは少ない)
◇糖(ブドウ糖)を摂取すると血糖値が上がります。上昇した血糖値を正常値に下げるのがインスリンの働きです。そのため、急激な血糖値上昇(多量の糖摂取)は多量のインスリンが分泌されます。インスリンは脂肪合成を高め、脂肪分解を抑制する力をもっています。すなわちインスリンは脂肪増加と密接な関係にあり、多量のインスリン分泌はより多くの脂肪形成に直結します。

脂肪を増やさない方法
身体のメカニズムから考えると、ダイエットには「血糖値は緩やかに上昇させる=脂肪合成を高め、脂肪分解を抑制するインスリンの分泌を緩やかにさせる=脂肪を作らない=太らない」が重要です。血糖値を緩やかに上昇させる食品は低GI食品と言われ、代表的な低GI食品が大豆です。大豆に含まれる食物繊維、脂質、たんぱく質などの成分が、糖質の吸収を抑制することで血糖値上昇を緩やかにし、インスリンの分泌を緩やかにすることで脂肪が出来にくくなり、ダイエット効果が高くなります。

【おすすめダイエット】
大豆の食物繊維を無駄なく100%摂取するには、大豆すべてを製粉した「大豆全粒粉」が一番です。大豆全粒粉で作られた大豆焼菓子はまさに低GI食品の王様であり、糖質制限ダイエットの最大のサポーターです。大豆焼菓子を食べてからの運動は消費カロリーを大幅に増やし、体脂肪燃焼にとても効果的です。
空腹時に運動をすると体脂肪の消費が増えると言われていますが、これは体内の糖質が不足している事が理由です。とは言え、「食べない」ダイエットは不健康であり、長続きしません。運動前に栄養補助食としてお手軽で栄養豊富な大豆全粒粉の焼菓子を食べて栄養補給をしてから運動を行うと消費カロリーが増え、体脂肪燃焼にとても効果的です。

【おすすめな大豆全粒粉で作られた栄養補助食品】※運動前、食事の前に食べるとダイエット効果、基礎代謝UP、脂肪燃焼効果が期待できます。
ソイズケアバー
ソイズケアビゴーレブロック
大豆の焼きドーナツ

【おすすめな大豆全粒粉で作られた主食の食品】※低GIな大豆全粒粉の食品は血糖値を安定させ、ダイエット効果、基礎代謝UP、脂肪燃焼効果が期待できます。
大豆全粒粉のパン類
大豆全粒粉の麺類

【ダイエットの方法を考え直そう】
朝食は小麦粉パン類から大豆全粒粉パン類へ変えてみましょう。朝は忙しくて朝食が食べられない人は、大豆全粒粉の栄養補助食品を1本食べて血糖値を安定させましょう。「食べない」や「カロリーの低い食事をし続ける」は健康にダイエットをするには不向きです。「食べないダイエット」は基礎代謝を下げ、エネルギー消費を減らし、太りやすい体質になってしまいます。また、カロリーの低い食品への「置き換えダイエット」は、大切な筋肉を分解して生活するのに必要なエネルギーを作り出して補おうとします。筋肉が細くなると腰痛などの関節痛や倦怠感などの原因になります。「食べないダイエット」、「置き換えダイエット」はどちらも簡単に痩せる効果的なダイエットに感じますが、エネルギー摂取過剰の体質となり太りやすくなってしまいます。いわゆるリバウンドです。心身にストレスを与えるダイエットは決して健全とはいえませんし、長続きしません。

【今日からやってみよう】
「糖質をまったく摂らないは」は食生活は数か月程度なら我慢できるかもしれませんが、エネルギー摂取過剰の体質になり、日々の生活のストレスにもなります。考え方を少し変えて、「糖の吸収が緩やかになる体質」に変えてみてはいかがでしょうか。まず食事をする前に低GI栄養補助食品を食べて身体の状態を「糖の吸収を穏やかにさせる」にしてから普通に食事をすることで、健康的に太らない食生活にしてみましょう。間食にも低GIな栄養補助食品を食べて「糖の吸収を穏やかにさせる」にしておいて、楽しみな夕食に備えましょう。もちろんの事ですが暴飲暴食をすれば効果はなくなりますので、必要以上には「食べない、飲まない」の健康的な飲食で日々元気に過ごしていきましょう。
大豆専科ソイコムのオリジナル糖質制限食品一覧はこちらからご確認いただけます。